鼻炎で止まらない鼻水の原因は二つ!対策を講じよう

鼻炎で止まらない鼻水の原因は二つ!対策を講じよう
ストレスの体調不良・鼻水、なんとかならない…?
解消できます!一杯飲めば気分も鼻も爽快♪
鼻炎全般の体質改善にはこれ!
味見だけでもOK!15日間の返金保証付きは自信があるため。
▼詳細は画像をクリック!公式サイトへ▼


鼻炎で止まらない鼻水の原因は二つ!対策を講じよう

鼻水 止まらない 鼻炎

発熱や咳といった風邪症状はないのに鼻水が出続けるという場合、色や状態を確認しましょう。

 

水のようなサラサラとした透明な鼻水が止まらないならば、鼻炎が原因になっている可能性があります。

 

鼻炎とは、文字通り鼻の炎症のことで、鼻粘膜に生じるアレルギー症状を指しています。
鼻粘膜が充血して腫れている症状も見られます。

 

鼻の中がかゆい、鼻詰まりがあるという場合は鼻炎の可能性があります。
多くの場合は急性症状で、体の防御反応によって起こる症状です。

 

時間の経過や異物が取り除かれることで症状は治まります
ただし、鼻炎の症状が長く続くなら耳鼻科受診をおすすめします。

 

 

 

アレルギー性の鼻炎の場合

花粉やハウスダストなど、アレルゲンが原因で起こる鼻炎の症状です。

 

抗ヒスタミン剤の内服薬を飲んだり、鼻に直接噴霧する点鼻薬を使うことで、鼻水を抑えることができます。

 

抗ヒスタミン剤などはドラックストアでも販売されていますので、アレルギー性鼻炎用のものを選び、つらい症状を抑えたいときに使用するとよいでしょう。

 

医師の処方薬ではステロイド剤などを用い、症状の緩和とトリートメントを行うことが一般的です。

 

ただし、対症療法にすぎません。

 

検査でアレルゲンを特定し、アレルギーを避けることや減感治療などを受けてアレルギーの耐性をつけることも大切です。

 

 

 

血管運動性鼻炎で鼻水が止まらないことも

主に寒暖差アレルギーなどで起こる鼻炎などがその代表例で、原因がはっきりしない鼻炎を指しています。

 

もちろん寒暖差アレルギーという病気はなく、暑さ・寒さといった感覚的なものがアレルゲンになることはありませんので、「血管運動性鼻炎」と診断されるのです。

 

血管運動性鼻炎の場合、暑さや寒さに対する防御反応と考えられています。
冷たい空気を吸い込まないように、外出時には布マスクを着用するとよいでしょう。

 

マスクがフィルターとなり、空気をわずかでも温めてくれます。
また、寒さで蕁麻疹や鼻水が出やすいという人は、肌の露出を避けることも大切です。

 

首に薄手のスカーフを巻くだけでも鼻水の症状を和らげることが可能です。
そもそも「鼻水」は自律神経の働きによって起こる体の防御反応です。

 

アレルギー性の鼻炎とは特定できない場合、自律神経の乱れが血管運動性鼻炎の原因とも考えられます。

 

寒暖差に対応できないのも自律神経の働きが弱っている可能性が否定できないため、ストレスをためないこと、規則正しい生活をして体調を整えることも視野に入れましょう。

 

リラックスできるお茶を飲んで、落ち着く時間を作ることもよいかもしれません。

 

 

 

以上、鼻炎で止まらない鼻水の原因は二つ!対策を講じようについてご紹介しました。

 

他にも「【鼻炎の改善にも使える!】鼻水が止まらない時に効果的なお茶を体験!実際に飲んでみた感想」も掲載しているので、よろしければご参考にしてください。

 

⇒鼻炎で止まらない鼻水に効果的なお茶の詳細は公式サイトへ


このページがよく読まれています

熱はない鼻水
熱はないけど鼻水が止まらない!効果的な対策法とはについて掲載しています。
花粉症の鼻水
鼻水が止まらない場合に効果的な対策【花粉編】について掲載しています。
風邪の鼻水
風邪で止まらない鼻水!すっきりさせる対策2つについて掲載しています。
咳と鼻水
止まらない咳と鼻水にどう対処する?について掲載しています。
くしゃみと鼻水
くしゃみと鼻水が止まらない場合に効果的な対策について掲載しています。
ストレスの鼻水
ストレスで鼻水が止まらない場合に効果的な対策について掲載しています。