止まらない咳と鼻水にどう対処する?

止まらない咳と鼻水にどう対処する?
ストレスの体調不良・鼻水、なんとかならない…?
解消できます!一杯飲めば気分も鼻も爽快♪
鼻炎全般の体質改善にはこれ!
味見だけでもOK!15日間の返金保証付きは自信があるため。
▼詳細は画像をクリック!公式サイトへ▼


止まらない咳と鼻水にどう対処する?

鼻水の症状と同時に咳が出るという場合、一般的に風邪症候群が考えられます。
鼻水や咳の症状を和らげたいという人は、こちらの方法を実践してみましょう。

 

 

 

部屋の湿度対策

咳の原因の一つに、空気の乾燥が挙げられます。
空気の乾燥で気管支や鼻の粘膜などが刺激を受け、咳が出ます。

 

鼻の粘膜を潤すために、鼻水も止まらなくなってしまうのです。

 

細菌感染などが原因の場合、鼻水のほか、痰も出やすくなり、痰を体外に排出するために咳が出てしまいます。

 

咳を強く出さなくても痰が切れるように、部屋を加湿することをおすすめします。

 

インフルエンザなどにかかっている場合は、部屋の湿度を上げることで家族内感染を防ぐことにもつながります。

 

部屋の湿度が適度であればアレルギーの原因となるホコリなども舞いにくくなるので、加湿器などを利用して、適度な湿度を保つようにしましょう。

 

 

 

体を温める対策

咳が出る場合、気管支が狭まっている可能性があります。
体を温めることで体の血行が良くなり、咳の症状が落ち着きます。

 

また、鼻どおりもよくなり、止まらない鼻水も緩和されていきます。
体を温める方法として、入浴も一案です。

 

湯気で呼吸や鼻詰まりが楽になります。

 

ただし、発熱がある場合はお風呂に入ることは避け、布団をかけて暖かくして体を休めましょう。

 

体を温める方法として、蒸しタオルを鼻や口に当てて蒸気を吸う方法もおすすめです。

 

 

 

それでも咳と鼻水が止まらない…医師の診断を仰ぐ

咳と鼻水が止まらない症状の中には、インフルエンザや喘息などもあります。
ホームケアでは改善しにくいので、医師の診療を受けることをおすすめします。

 

咳が止まらない場合、体の中の酸素飽和度が下がっている場合があり、呼吸困難の状態に陥っている可能性も考えられます。

 

熱が高い、咳が止まらず唇が変色しているなどの症状があれば、医師の診断を仰いてください

 

 

 

後鼻漏(こうびろう)に注意

咳だけではなく鼻水が止まらない場合、鼻水をすすってしまう人も見られます。

 

この症状がひどくなると、鼻水がのどに流れてしまう「後鼻漏(こうびろう)」という状態になる場合があります。

 

後鼻漏は病気ではありませんが、のどがねばつくことや痰が絡みやすくなるといったところから不快な症状の一つとして挙げられます。

 

場合によってはのどへ流れる鼻水が粘膜を刺激してしまい、それが咳につながることがあります。

 

また、この症状が常態化することで「慢性せき」という症状を引き起こしてしまうこともあるようです。

 

咳喘息などと言われることもあります。

 

気管支にも負担がかかり、気管支炎の発症や肺炎を招く可能性があるので、注意しましょう。

 

 

 

以上、止まらない咳と鼻水にどう対処する?についてご紹介しました。

 

他にも「【喘息の改善にも使える!】咳と鼻水に効果的なお茶を体験!実際に飲んでみた感想」も掲載しているので、よろしければご参考にしてください。

 

⇒咳と鼻水に効果的なお茶の詳細は公式サイトへ


このページがよく読まれています

熱はない鼻水
熱はないけど鼻水が止まらない!効果的な対策法とはについて掲載しています。
花粉症の鼻水
鼻水が止まらない場合に効果的な対策【花粉編】について掲載しています。
鼻炎の鼻水
鼻炎で止まらない鼻水の原因は二つ!対策を講じようについて掲載しています。
風邪の鼻水
風邪で止まらない鼻水!すっきりさせる対策2つについて掲載しています。
くしゃみと鼻水
くしゃみと鼻水が止まらない場合に効果的な対策について掲載しています。
ストレスの鼻水
ストレスで鼻水が止まらない場合に効果的な対策について掲載しています。