止まらない透明な鼻水を止めるための3つの対策

止まらない透明な鼻水を止めるための3つの対策
ストレスの体調不良・鼻水、なんとかならない…?
解消できます!一杯飲めば気分も鼻も爽快♪
鼻炎全般の体質改善にはこれ!
味見だけでもOK!15日間の返金保証付きは自信があるため。
▼詳細は画像をクリック!公式サイトへ▼


止まらない透明な鼻水を止めるための3つの対策

鼻水 止まらない 透明

一番ポピュラーなものであり、多くの人が悩まされるのが「透明な鼻水」です。

 

止まらない原因はいくつか考えられますが、水のような鼻水の場合は、アレルギー症状であることがわかっています。

 

透明な鼻水を止める方法として、いくつかの生活の知恵を紹介しましょう。

 

 

 

深呼吸をする方法

まず、口からゆっくりと、たっぷり息を吸い込んだのちに、10秒間かけて息を吐きだします。

 

次に、息を吐き切ったところで、鼻をつまんで息を止めます。

 

この状態で、天井を見て、床を見て、というふうに頭をゆっくりと動かすことを繰り返します。

 

一つの動作に3秒程度の時間をかけ、息が苦しくなったらやめます。

 

鼻水が分泌される部分を圧迫することと上を向くことで、鼻腔から鼻水の流出を抑えてのどへ回るため、鼻水が一時的に止まったように感じられるのです。

 

 

 

透明な鼻水が止まらないなら足湯で体を温める方法

寒暖差による鼻水などは、体を温めることで止まらないという症状を改善できるケースがあります。

 

お風呂に入ってじっくり温まるという方法が効果的ですが、早く鼻水を止めたい場合は、足湯を併用するとよいでしょう。

 

足首からふくらはぎがつかる程度の深さのバケツを準備して、バケツに40度前後のぬるま湯を入れ、足をつけます。

 

15分ほど足を温め、お湯が冷めたらさし湯をします。
足を温めることで、体の巡りが高まります。

 

足を温めながら、手を前に突き出し、親指を中に入れグーの形に結んだり、パーの形に開いたりというように、上半身からも体の巡りを促していくとよいでしょう。

 

足湯の後は、靴下を重ね履きするなどの保温をすると、効果が持続します。

 

 

 

口に水を含む方法

鼻水を止めるのに、即効性が欲しいという場面に遭遇することもあるかもしれません、鼻をかんでも鼻水が止まらないという場合は、少量の水を口に含んで、飲み込まずにのどの奥で止めておく方法をおすすめします。

 

鼻腔とのどはつながっており、口に水を含むことで鼻呼吸が優先されます。
このことで鼻水がのどへ流れるようになります。

 

しばらく含んだ後は、その水を飲みこみましょう。
鼻水でのどの奥が気持ち悪くなったという症状も解決しやすくなります。

 

この方法を何度か繰り返すと、鼻水が出にくくなります。

 

ただし、「後鼻漏(こうびろう)」と言って常時鼻水がのどの奥へ流れてしまうという症状を引き起こす可能性もあるので、常用することは避けましょう。

 

もちろん、色がついた鼻水には効果がありませんし、症状を重くする可能性もありますので、注意しましょう。

 

 

 

最短5秒で鼻水が止まり鼻が通る魔法の方法

 

以上、止まらない透明な鼻水を止めるための3つの対策についてご紹介しました。

 

他にも「黄色の鼻水は副鼻腔炎?止まらないときの鼻水対策」も掲載しているので、よろしければご参考にしてください。

 

⇒【必見】鼻水を止める3つの対策法!


このページがよく読まれています

黄色
黄色の鼻水は副鼻腔炎?止まらないときの鼻水対策について掲載しています。
緑色
止まらない緑色の鼻水の原因は2つ!実践すべき鼻水対策について掲載しています。